不定期更新になっておりますが、定番品であるホログラムの柄を個別にご紹介しております。

今回はHP-14と品番を打っている柄のご紹介。

こちらも前回と同じくベースとなるフィルムがOPPでして、通常印刷用のインクが密着しにくくなっております。

簡単に印刷出来ないので、印刷非対応柄とアナウンスしております。

ただし、相応の工夫をすればインクがきちんと密着する事もございます。

その辺りは印刷の専門業者様にご相談願います。

印刷対応柄と比べるとコストメリットはございます。

ちなみに今回のHP-14は「モザイク」柄と呼ばれております。

弊社社長世代にとってはビック〇マンシリーズのヘッドシール(キラキラシール)を彷彿とさせますね。

あ、この話題がお分かりになる方はアラフォー間違いなし?

ちょっと脱線してしまいました。

他社製では別名プリズム柄とも呼ばれる事がありますが、ここではモザイク柄で統一しておきましょう。

柄の概要はこんなところでしょう。

また、一般的なホログラムとしては最もポピュラーな柄なんではないでしょうか。

そうゆう意味ではアイキャッチ効果が高く、尚かつド派手すぎないバランスのとれた柄とも言えます。

印刷と組み合わせたディスプレイ・POP・サインプレートにもってこいです。

また、舞台装飾なんかにもよく採用されております。

こちらはPET・PVC板の0.5㎜厚~2.0㎜厚に対応しております。

3×6原板サイズのままや、加工に適した荒裁ちの状態での提供もできます。

また、製品や部品となるサイズへの裁断や打ち抜き加工も承ります。

ホログラムプレート HP-14(モザイク)

HP-14(モザイク)